ひみつ道具を使っているところ。

今日は気まぐれで、生徒さん達にはいつもと違う課題に取り組んでいただきました。レッスンのはじめにパッと思いついた、即席の、講師のワガママな課題です。


課題:自分がひみつ道具を使っているところを描いてください。


ちなみに講師の僕もこれにチャレンジいたしまして、僕は「タイムマシン」を選びました。以前からタイムマシンに乗って、過去に行ってみたいと思っていたからです。例えば「江戸時代って実際にはどんな世界なんだろう?」などと時々思うのです。時代劇で江戸時代の風景はよく見ますが、実際にはどうなのでしょう? 本当にあんな感じなの? そっくりそのままの世界かもしれないし、少し違うところがあるかもしれません。いや、ひょっとしたら「想像を絶するほど全然違う世界かもしれない!」などとも思うのです。言葉も今とは発音が全然違っていて、さっぱり日本語も通じないような世界なのかも。実際に過去に行って確かめたい!

2020年03月14日